あなたの子供のアレルギーの原因は、腸内環境かも?

意外に感じるかもしれませんが、子供アレルギーの原因に腸内環境が挙げられます。
どういったメカニズムかと言いますと、腸内環境が悪い

つまり、悪玉菌優位という状態は、腸内で腐敗という状態がおこります。
つまり、食べ物のカスや体内の毒素が腐っている状態なのですが、これらの毒素が腸から吸収されて胎内の細胞に回ります。

この時に、細胞を傷つけたりして、免疫の過剰反応 すなわちアレルギーの原因になっていると考えられています。

もし、貴方の子供がアレルギーなら腸内環境を疑ってみるのもいいかもしれません。

とくに、病院にいっても対処療法の薬なので、自分で治しているわけではなくて、症状を抑えているだけとなります。

子供の腸内を改善するようにしてみてはいかがでしょうか?

腸内改善方法としては、野菜を3食しっかり食べる。
ヨーグルト・キムチ・漬け物・納豆・などの発酵食品や乳製品をしっかりとりましょう。。

牛乳自体は、日本人は7割りの人が、うまく消化できない体質なので、体に合わないなら余り飲み過ぎないほうがいいです。

また、毎日続けられる改善策ならば、子供アレルギー鼻炎 お茶なんかも有効なので参考にしてみてください。

腸改善の基本とあまりしられていないモチリン

みなさんは腸内環境改善と聞けばどんな方法を思い浮かべますか?

野菜を食べる。乳酸菌の入ったヨーグルトや発酵食品を食べるというのが一般的ですよね。

 

ですが、それも大事なのですが基本は、やはり規則正しい生活習慣になります。

これによって、自律神経が整うと、腸の運動も活発になります。

 

また、食べ過ぎも良くないですね。

消化の量が増えるとそれだけ腸に負担をかけていることになりますので注意しましょう。

 

 

最後にモチリンですが、これは寝ている間に消化管をきれいにしてくれるホルモンがあります。それが十二指腸で分泌されるモチリンといいます。これには消化管をきれいにそうじしてくれる働きがあるのです。

 

このモチリンをしかりと働かせるためには、睡眠をしっかり取ることと、リラックスも時には大事なので覚えておいてくださいね。

腸が一番活発に働く時間帯とは?

みなさんは腸が一番働く時間帯というのをご存知でしょうか?

実はそんな美味しい時間帯があるのです。

ぜひとも、この腸がもっとも活発に動く時間を知って、便秘解消に役立ててください。

 

では、その時間とは、、、、ポイントが2つあります。

 

まず、深夜0時にもっともピークを迎えるようになっています。

そしてもう1つは、晩ご飯を食べたあと腸が動き出す副交感神経優位となるので3時間かかるようです。

 

ですので、食べてすぐに寝てしまうと体に良くないというのは、うまく副交感神経に切り替わるまえに寝てしまうので、消化に悪いということです。

気をつけましょう。

 

 

基本的には腸がうごく時間というのは、夕方から夜にかけてになります。

この時間帯をストレスを感じるようなことはしないで、なにかリラックスできる時間に使いたいものですね。

 

この副交感神経を上手に働かしてやることで、しっかりと便が肛門のほうへと追いやられてきます。

 

そして、朝のデトックス作用が高まる時間帯にでるというのが理想の排便リズムなので覚えておいてくださいね。

変形膝関節症の場合グルコサミンジェルやサプリは有効か?

変形膝関節症という症状は、

膝の関節が変形してしまったために、関節に痛みが生じる状態を称して言います。

膝の関節には、もともと半月板という軟骨が存在しているのですが、これが年齢とともに摩耗してする減ってくるというのです。

半月板がある間はそこまで、痛みが強く現れることは無いですが、

過去に、激しい運動やスポーツをやっていた人は、この半月板の摩耗が激しく、なっています。

そして、70代や80代以上になってくると、この半月板はほとんどなくなってしまい、膝の関節面がむき出しになっていることもあるのです。

ですから、高齢者にひざの痛みを訴える人が多いのです。

 

ですが、この膝の痛みは高齢者だけのものといってはいけません。

とくに中高年でも女性のかたに膝の痛みの訴えも増えており、変形膝関節症と診断されるかたも多いのです。

というのも女性には、足の筋力が弱いので、関節面がすり減りやすい傾向があったりO脚や、x脚など、膝の変形をあっかさせてしまう状態が多いのです。

では、グルコサミンジェルやグルコサミンサプリなど、膝の変形や痛みなどに有効か?ということなのですが、無駄ではないということですね。

確かに、グルコサミンサプリを飲んで、さらにグルコサミンジェルを膝に直接塗っているからといって半月板がどんどん回復するとは考えられません。

ですが、しっかり続けている人が、あるときからケロッと膝の痛みが改善してしまうという人も実際に存在します。

こちらの記事が参考になります⇒グルコサミンジェル

 

ですから、まったく無駄では無いのですが、ただ、膝の摩擦の痛みを油で補うイメージですかね。。油をさしておいてその間にしっかり筋力をつけて痛み再発の予防に務めるというのがかしこいグルコサミンの摂り方なのかもしれませんね。

乳酸菌は生きていても死んでいても問題ない!

乳酸菌は生きたまま腸に届かないと意味が無い、、、

そう思っていませんか?

それなら間違いです。

そりゃあ生きたまま腸に届く事のほうが理想ではありますが、

実は、死んだ状態で腸に届いても、それらが善玉菌のエサとなり善玉菌を活性化するようにできているのです。

 

ですから、とくに生きたまま腸に届く乳酸菌ばかりを選ぶ必要はありません。

また、乳酸菌のその他の効果はこうです。

胃がんの原因になるピロリ菌の繁殖を抑える働きを持っています。

そして、胃や腸の粘膜保護にもつながるので胃潰瘍予防にもなりますね。

 

また、免疫細胞を活性化する働きがありますので、

免疫力アップにも一役買います。

 

 

ヨーグルトの主な健康効果はこれです

↓↓↓↓↓

  • 腸内環境を整える
  • 免疫力が高まる
  • がん細胞の抑制
  • 生活習慣病の予防
  • 老化予防
  • 美容に効果的

ヨーグルトにはビタミンB、カルシウム、カリウムが豊富なので栄養バランスにも優れています。

なので常食にしたい食品といえます。

たったこれだけ腸内環境を改善する2つの方法!

あなたは腸内環境を改善するための2つの方法を知っていますか?

実はたった2つだけなんです!

  1. 食事で善玉菌を増やす方法
  2. 発酵食品を毎日摂って、善玉菌を増やす方法

いっけん同じに見えますが違います。

 

まず、食事で善玉菌を繁殖させる方法ですが、

善玉菌はオリゴ糖や食物繊維をえさにして繁殖します。

つまり、野菜や果物を積極的にとると、腸内で善玉菌が繁殖するのです。

 

 

次に、善玉菌を直接摂るという考えですが、発酵食品を毎日食べるだけでいいのです。

発呼食品には、納豆、ヨーグルト、乳製品、キムチ、漬け物などなどがあります。

 

要するに、発呼食品と野菜と、果物を毎日かかさずに数種類食べることで、腸内環境はみるみると改善されていきます。

  • 腸内環境が改善されると、オナラが臭くなくなります。
  • 便秘が改善されます
  • 免疫力がアップします。
  • お肌がキレイになります。
  • イライライしなくなります。

などなどもっといえばたくさんあるのですが、健康に近づくために必要な行動だと思ってください。

明日面接なのに口が臭い!!でもフーチバーはみがきなら大丈夫!

面接の時に、口臭があるとイヤですね。?

なんとなく口臭があるだけで面接を落とされるのでは?と心配していませんか?

さらに面接や、年上の人と話すとき、会議など

緊張している場面では、ストレスを感じて、自律神経が交感神経系優位都なります。

この交感神経系優位の状態は、唾液の分泌低下を起こすので、

さらに口の中に雑菌が増えて口臭がひどくなる原因に!!

 

そんなあなたには、ぜひフーチバーはみがきをおすすめします。

フーチバーはみがきとは、沖縄ヨモギを使ったはみがきなのですが、

口臭対策はみがきとして今、口臭改善効果がかなり高いはみがきとして注目を集めています!

 

口の中にうるおいを戻す効果があるとされているので、

緊張するような場面や普段から口臭で悩んでいてもフーチバーはみがきがあれば、心配ご無用ということですね。

 

これで面接も受かったも同然のです!

 

興味のある方は参考にしてみてください。

 

こちらが、フーチーバーはみがき公式サイトです。

活性酸素を強力に除去するにんじんの効果

にんじんの効果がすごいので紹介しています。

みなさんはアンチエイジングに興味のある方も多いかもしれませんが、にんじんには、そんなアンチエイジング力がとっても強いのです

というのも老化の原因になる活性酸素を除去する効果が高いからです。

 

にんじんに含まれる栄養素には、

  • ビタミンB
  • ビタミンC
  • カルシウム
  • カリウム
  • 食物繊維
  • βカロチン

などを豊富に含んでいます。

 

にんじんの健康効果はこちら

 

  1. 抗酸化作用が高い
  2. 免疫力が高くなる
  3. 血行改善
  4. コレステロールの酸化を抑える
  5. ボケ防止
  6. 美肌効果
  7. 疲れ目防止
  8. 視力低下予防
  9. 白内障予防

いかがですか?これらをしったらすぐにでもにんじんを食べたくなりますよね。

また、断食道場にいっても人参ジュースを飲むというのは納得がいきます。

つまり人参ジュースだけを飲んでいても栄養不足にはならないということです。

さらにデトックス効果も高い食品なので、断食に向いている食品なのですね。

7色に別れるレインボーフーズのアンチエイジングがすごい!

みなさんはレインボーフーズというのをご存知ですか?
レインボーフーズとは、野菜の色が







と7色に別れることから、ついた呼び方です。
ここで注目されているのは、フィトケミカルという栄養素です。

それではそんなレインボーフーズのアンチエイジング効果のある栄養素を色別ごとに紹介しましょう


トマトのリコピン 発がん性を抑える
パプリカや唐辛子のカプサイシン⇒肥満予防・解消・血行促進・発がん性抑制


にんじん・かぼちゃ⇒βカロチン⇒発がん性抑制


たまねぎ⇒フラボノイド⇒血行促進
そば⇒ルチン⇒毛細血管を丈夫にする


ブロッコリー・オクラ・ほうれん草・⇒クロロフィル⇒発がん性抑制・コレステロール調整


なす⇒アントシアニン⇒高血圧防止・肝機能保護


じゃがいも・ごぼう・りんご⇒クロロゲン酸⇒肥満の予防解消・血糖調整


大根・キャベツ・わさび⇒イソチオシアネート⇒血流改善・抗ピロリ菌

にんにく たまねぎ⇒硫化アリル⇒血流促進・高血圧防止・発がん性抑制